Our Laboratory‎ > ‎Our Staff‎ > ‎

Prof. Koji Iwanuma


岩沼 宏治

(Iwanuma Koji)

工学博士

山梨大学 大学院医学工学総合研究部教授  山梨大学 総合情報処理センター長 (兼任)

コンピュータ・メディア工学専攻: 教育担当 〒400-8511 甲府市武田4-3-1

 E-mail: iwanuma at yamanashi d0t ac d0t jp   研究室URL: www.iwlab.org





(とりえあず暫定版9アップ 2006年12月01日 )


専門およびこれまでの研究履歴:
人工知能基礎およびソフトウエア科学の研究に従事.初期のころは時相論理などに基づく並行システムの形式的仕様記述と自動検証について研究を行い,その後,サーカムスクリプションなどの常識推論の機械的自動証明の研究を行なってきた.その結果,各種の知的な推論には一階論理の自動推論の高度化や高速化が本質的に必要不可欠,との認識に立ち,一階論理の定理の自動証明の研究を開始している.その過程で定理証明プログラム I-THOPを開発し,定理証明プログラムの世界的なコンペティション CASC (CADE ATP System Competition)に参加している.近年では,論理的帰結発見手続き,特にSOLの推論効率化の研究に従事している.

  近年は,WEBインテリジェンスやマルチエージェントの情報伝達構造にも興味を持ち,研究を行ってきた.WEBの知的処理関係では,特にHTMLからXMLへの事例に基づく半自動変換等について興味を持ち研究を行ってきた。基礎的性質のみならず、文書自動追跡や差分抽出、ならびに携帯端末上でのWEB検索支援や情報統合などの応用についても研究を行なっている.またWEBページの自動追跡などの観点から、単一時系列をなす大規模文書群から頻出イベント系列コーパスの自動生成を行うために,データマイニングなどにも興味を持ち研究を開始している。系列先頭頻度および全体頻度という新しい出現頻度を提案し,頻出部分系列の高速オンライン型アルゴリズムなどの開発を行ってきた.

略歴:
1983年3月  東北大学工学部通信工学科卒業
1985年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程前期修了(電気及び通信工学専攻)
1985年4月 山形大学工学部 助手 (情報工学科)
1990年4月  山梨大学工学部 講師 (電子情報工学科)
1992年12月  同大学同学部  助教授
2002年10月 同大学同学部  教授 (コンピュータ・メディア工学科

2004年4月

同大学 総合情報処理センター長 (兼任) 


2005年4月

同大学IT推進本部 副本部長

教育担当: (H16年担当科目)
アルゴリズムとデータ構造
アルゴリズムとデータ構造演習
情報理論
オペレーティングシステム及び実習
(OSの基本構造の理解とネットワーク対戦型ゲームのプログラミングを通じたOSの利用法の習得)
人工知能基礎特論


学会及び社会における主な活動:
1990年4月 新世代コンピュータ技術開発機構、演繹・オブジェクト指向データベース専門委員会委員
(1992年3月まで)
1991年6月 電子情報通信学会・人工知能と知識処理研究専門委員会・専門委員(現在に至る)
1994年4月 人工知能学会・人工知能基礎論研究会・専門委員(1996年3月まで)
1996年6月 電子情報通信学会・人工知能と知識処理研究専門委員会・幹事(2000年5月まで)
1999年6月 電子情報通信学会・英文論文誌 Information & Systems 編集委員(2000年5月まで)
2000年6月 電子情報通信学会・情報システムソサイエティ企画広報幹事(2002年5月まで)
2001年6月 電子情報通信学会・人工知能と知識処理研究専門委員会・副委員長(2005年5月まで)
2002年11月 JAWS2002(エージェント合同シンポジウム,電子情報通信学会AI研究会&日本ソフトウエア科学会MACC共催)実行委員長
2004年4月 山梨県地域情報ネットワーク相互接続機構 代表 (現在に至る)
2005年6月 電子情報通信学会・人工知能と知識処理研究専門委員会・委員長 (現在に至る)
その他,プログラム委員、特集号論文誌編集委員、学会各種委員などを種々歴任


受賞:

2004年9月

第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004)優秀論文賞:
高野洋,岩沼宏治,鍋島英知: 単一の長大なデータ系列上の系列パターンの出現尺度とその逆単調性, 第3回情報科学技術レターズ, LF-012, pp.115-118

1991年7月 1990年度人工知能学会全国大会優秀論文賞:
太田和彦,岩沼宏治: 述語サーカムスクリプションの有限近似とその上の計算システム,1991年度人工知能学会全国大会論文集,pp.127-130
1990年7月

1990年度人工知能学会全国大会優秀論文賞:
岩沼宏治,原尾政輝, 野口正一:述語サーカムスクリプションに於ける質問変換とその性質,1990年度人工知能学会全国大会論文集,pp.49-52

1989年7月 1989年度人工知能学会全国大会優秀論文賞:
岩沼宏治,原尾政輝: 非再帰的な述語サーカムスクリプションの一階論理式への等価変換,1989年度人工知能学会全国大会論文集,pp.45-48

1987年7月

1987年度人工知能学会全国大会優秀論文賞:
原尾政輝,岩沼宏治: 回路自動合成のための定理証明 システム,1987年度人工知能学会全国大会論文集,pp.41-44

その他:

2002年3月

指導学生の第17回電気通信普及財団賞 テレコムシステム技術学生賞受賞

受賞者:梅原雅之
受賞論文: 事例に基づくHTML文書からXML文書への半自動変換 (梅原雅之、岩沼宏治、永井宏和) 人工知能学会論文誌、Vol.6, No.5 (2001), pp.408-416
1997年7月 定理証明システムの開発と国際コンペCASC-14 に参加 (開発・参加者: 岩沼宏治)
Koji Iwanuma, "I-THOP Ver 1.01," in: C.Suttner and G.Sutcliffe, "The CADE-14 ATP System Competition," Journal of Automated Reasoning, Vol.21, 1998.

 PTTPに基づく一階論理定理証明システム I-THOPを開発した.またこの分野で最もメジャーな国際会議 CADEに併設されているシステムコンペCASC-14(The CADE-14 ATP System Competition) に参加し,一般部門9システム中7位の結果を得た.現在までのところ,CASCに参加した日本のシステムは,I-THOPしかない.I-THOPは現在,フリーソフトとして公開されている

1996年6月 指導学生の日本ソフトウエア 科学会 高橋奨励賞受賞
受賞者:太田和彦
受賞論文: 許容的な節集合に対する単一名仮説の計算手法(太田和彦,岩沼宏治) 日本ソフトウエア科学会第10回大会論文集 pp.277-280

主な研究論文(査読付: 1999-):

1


Hidetomo Nabeshima, Reiko Miyagawa, Yuki Suzuki, and Koji Iwanuma
: Rapid Synthesis of Domain-Specific Web Search Engines Based on Semi-Automatic Training-Example Generation, Proceedings of IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligece (WI-2006) Paper No. Wr352, pp.769-772, (2006)

2.


丸山育嗣,岩沼宏治,鍋島英知:緩和法に基づく系列データからの頻出部分系列の高速マイニング,第5回情報科学技術レターズ LF-006,pp.113-116,2006.

3.

宮川礼子,鈴木 悠生,鍋島英知,岩沼宏治:専門検索エンジンの高速半自動生成法,第5回情報科学技術レターズ LL-005,pp.355-358,2006

4. H. Nabeshima, T. Soh, K. Inoue, and K. Iwanuma: Lemma Reusing for SAT based Planning and Scheduling. Porceedings of the Inter. Conf. on Planning and Scheduling, 2006. (ICAPS'06), pp.103-112, 2006.

5.

K. Iwanuma, R. Ishihara, Y. Takano and H. Nabeshima: Extracting Frequent Subsequences from a Single Long Data Sequence: A Novel Anti-Monotonic Measure and a Simple On-Line Algorithm. Proceedings of The Fifth IEEE International Conference on Data Mining (ICDM2005). pp.186-193 (2005)


6.

K. Inoue, K. Iwanuma and H. Nabeshima: Consequence Finding and
Computing Answers with Defaults, Journal of Intelligent Information Systems Vol. 26. pp.41-58 (Kluwer Academic, 2006)


7.

K. Iwanuma, K. Inoue and H. Nabeshima: Upside-Down Transformation in
SOL/Connection Tableaux and its Application. Proceedings of International Colloquium
on Theoretical Aspects of Computing (ICTAC05) LNCS, Vol.3722, pp.166-179 (2005).


8.

石原龍一,岩沼宏治,鍋島英知:大規模データ系列中に頻出する部分系列の
オンライン抽出アルゴリズム,第4回情報科学技術レターズ, LF-002, pp.89-92 (2005)


9.

H. Nabeshima, H. Nozawa, K. Iwanuma: Effective Sat Planning by Lemma-Reusing,
Proceedings of the IASTED International Conference
on Artificial Intelligence and Applications (AIA2005), pp.1-5 (2005)

10.

K. Iwanuma, Y. Takano, H. Nabeshima: On Anti-Monotone Frequency Measures for
Extracting Sequential Patterns from a Single Very-Long Data Sequence,
IEEE International Conference on Cybernetics and Intelligence
Systems (CIS2004), Paper No. WP6.5 (2004)


11.

高野洋、岩沼宏治、鍋島英知:単一の長大なデータ系列上の系列パターンの出現尺
度とその逆単調性,第3回情報科学技術レターズ, LF-012, pp.115-118 (2004)


12.

K.Inoue, K.Iwanuma and H.Nabeshima: Consequence Finding in Default Theories. Proceedings of 6th International Conference On Flexible Query Answering Systems (FQAS2004), Lecture Notes in Artficial Intelligence Vol.3055, pp.459-472 (2004).


13.

K.Inoue and K.Iwanuma: Speculative Computation through Consequence-Finding in Multi-Agent Environments, Annals of Mathematics and Artificial Intelligence, Vol.42, pp.255-291 (Kluwer Academic, 2004).


14.

H.Nabeshima, K.Iwanuma and K. Inoue: SOLAR: A Consequence Finding System for Advanced Reasoning, Proceeding of Tableaux03, Lecture Notes in Artficial Intelligence Vol.2796, pp.257-263 (2003)


15.

M. Nakamura, K. Iwanuma and H. Nabeshima: Detecting Two Sorts of Correspondences between HTML Documents for Extracting Temporal Differences, Proceedings of the Third IASTED International Conference on Artficial Intelligence and Applications (AIA2003), pp.611-616 (2003).


16.

石塚悠一,岩沼宏治: マルチエージェントシステム分散協調問題における時間遅れと知識量の関係,電子情報通信学会論文誌 D-I Vol.J86-D-I, No.2, pp.117-120,(2003)


17.

佐藤健,井上克己,岩沼宏治,坂間千秋:エージェント間通信におけるアブダクションによる投機的計算, コンピュータソフトウエア(日本ソフトウエア科学会論文誌), Vol. 20 No.1, pp. 27 -- 35 (2003).


18.

H.Nabeshima, K.Iwanuma and K. Inoue: Effective SAT Planning by Speculative Computation, Proceeding of 15th Australian Joint Conference on Artificial Intelligence Lecture Notes in Artficial Intelligence Vol.2557, pp.726-727 (2002) (Poster Paper)


19.

梅原雅之、岩沼宏治、鍋島英知:事例に基づくシリーズ型HTML文書の意味論理 構造の自動認識、人工知能学会論文誌、Vol.17, No.6E (2002), pp.690-698.


20

K.Iwanuma and K.Inoue: Minimal Answer Computation and SOL. In: Proceedings of 8th European Conference on Logics in Artificial Intelligence (JELIA 2002) Cosenza, Italy, September 2002, Lecture Notes in Artificial Intelligence, Vol.2424, pp.245-258 (2002).


21.

M. Umehara, K.Iwanuma and H.Nabeshima: A Case-Based Recognition of Semantic Structures in HTML Documents (An Automated Transformation from HTML to XML). In: Proceedings of Third International Conference on Intelligent Data Engineering and Automated Learning (IDEAL 2002), Manchester UK, August 2002, Lecture Notes in Computer Science Vol.2412, pp.141-147(2002).


22.

K.Iwanuma and K.Inoue: Conditional Answer Computation in SOL as Speculative Computation in Multi-Agent Environments. In: Proceedings of an ICLP'02 Workshop on Computational Logic in Multi-Agent Systems (CLIMA-02), pp.149-162 (2002). It also appears in Electronic Notes on Theoretical Computer Science, Vol.70, No.5 (2002).

23.

梅原雅之、岩沼宏治、永井宏和: 事例に基づくHTML文書からXML文書への半自動変換 人工知能学会論文誌、Vol.16, No.5 (2001), pp.408-416


24.

M.Umehara and K.Iwanuma: A Case-Based Transformation from HTML to XML. In: Proceedings of the Second International Conference on Intelligent Data Engineering and Automated Learning (IDEAL 2000), Lecture Notes in A Artificial Intelligence, Vol.1983, pp.410-415, 2000.


25.

K.Iwanuma, K.Inoue, and K.Satoh: Completeness of Pruning Methods for Consequence Finding Procedure SOL. In: Peter Baumgartner and Hantao Zhang (eds.), Proceedings of the Third International Workshop on First-Order Theorem Proving (FTP'2000), pp.89-100, Research Report 5-2000, Institute for Computer Science, University of Koblenz, Germany, 2000.


26

C.Sakama, K.Inoue, K.Iwanuma, and K.Satoh: A Defeasible Reasoning System in Multi-Agent Environments. In: Proceedings of the CL-2000 Workshop on Computational Logic in Multi-Agent Systems (CLIMA-00), pp.1-6, 2000.


27

K.Satoh, K.Inoue, K.Iwanuma, and C.Sakama: Speculative Computation by Abduction under Incomplete Communication Environments. In: Proceedings of the Fourth International Conference on MultiAgent Systems (ICMAS '2000), pp.263-270, IEEE Computer Society, 2000


28

K.Oota and K.Iwanuma, "Finite Approximations of Predicate Circumscription," IEICE Transaction on Information and Systems, Vol.E82-D, No.2, pp.475-479, 1999.


29

岩沼宏治、矢ヶ崎剛 "遺伝的プログラミングを用いた命題MEタブロー法による定理自動証明" 人工知能学会論文誌, Vol.14, No.3, pp.553-558, 1999


30

K.Iwanuma and K.Kishino, "Lemma Generalization and Non-Unit Lemma Matching for Model Elimination", Asian Computing Science Conference (ASIAN'99), Lecture Note in Computer Science Vol.1742, pp.163--176, 1999

Comments